前 回(Vueで動画を作る基礎編1)の続きである。

「静止画でレンダリングした時に比べて、動画は何だかボケてない?」って な事を書いたのだ が、実際に比べてみるとこんな感じである。

スチルとムービーの差
▲Vueの動画レンダリングは、ボケたカンジになる。
上の4枚の静止画は、同じフレームを 同じ条件でレンダしたものである。
同じレンダリング設定の筈なのに、静止画と比較すると動画としてレンダリングした画像は、はかなり甘い画質になってしまっている。
#微妙に色合いが違っているのは、サンプリング中に「光源バランス設定」をいじってしまった為で す。
#明るいモノは90%、暗いものは60%。サンプリング中に 何故そんな所をいじったのか不明orz

Vueの動画レンダリングの画質をシャッキリさせよう

上の画像で、 動画としてレ ンダリングされた画像が、明らかに劣化しているのが解ってもらえるだろう。Vueの「動画レンダリング設定」を 初期設定のまま使っていると必ずこうなるのだ

▼Vue5infの動画レンダリング設定画面
動画レンダリング設定ボックス
初期設定では「確 定的アンチエイリアス」「ちらつき除去有効」のチェック ボックスがオンになっている。
名前から容易に推測出来るだろう。この二つは、動画を制作した際に悩みの種となる「リンギングノイズ」(主 に細部がチラチラして見える現象)を緩和させる効果を持つのだ。

なんともありがたい機能だが、私の場合 ほとんど役に立っていない。
大抵の場合、この機能は細部を潰してしまうだけで終わるのだ。(細部が潰れたほうが動画として良く見える場合も多々あります。)
しかし今回の様な素材の場合、後ろの山々はともかく、前方の岩や木の葉は 出来るだけ細部まで表現したいのである。

アニメーションの「詳細設定」をOFFにしてみる

と、云うわけで「確 定的アンチエイリアス」と「ちらつき除去有効」のチェックボックスをオフにしてレンダリングをしてみる。
するとこんな感じになる。
▼動画ワンプル
ファ イナル、17分09秒
ブ ロードキャストド、31分40秒

あきらかにチラツキは増えた。だが、細部までしっかり表現されている。
どちらが好みか?と云う事になるが、「チラツキは無く、細部までしっかり表現されている」の が私の好みだ(笑)

ここはひとつ、Vueのレンダリング設定をドンドン上げていって、どの程度の設定で(チラツキ除去の設定を使わずに)チラツキがなくなるか、検証してみたい。

Vueのレンダリング設定をどこまで上げるとチラツキは消えるのか?

実験である。記号は例によってコレである→(D) (E) (F)

「ちらつき除去」を全部無効にして、今までと同じ素材で動画レンダリング。
でもレンダリング設定はかなり上げてみる。
▼動画サンプル
1. (D)4X9(E)85(F)OFF、37分44秒
2. (D)9X16(E)85(F)OFF、1時間4分53秒
3. 設定スペリオール、やってらんない(笑)83フレーム、1時間15分あたりで終了。
4. 設定ウルトラ、1時間12分53秒。
(動画をまとめて比較するページはコチラ

どんな感想をもっただろうか?

それなりにチラツキは無くなった。しかし、スペリオール設定など「これだけ時間かけているんだから、チラ ツキ完璧に無くなっ てくれよ!」と云うのが私の正直な感想だ。

 ここで再度「ちらつき除去有効」効果の確認

ちなみに「ちらつき除去有効」に戻したものと比べるとこんな感じである。
比較図
▲ 色合いを見る実験じゃないので そのままにしてますが、どうしても色合いの違うモノが混じってます。。。

「ち らつき除 去有効」の桜の木を見て欲しい。スペリオールでレンダリングしたものさえ、プレビューレンダした、もしくは 「最終レンダリングパスを最適化」したかのような、モヤモヤな画像に仕上がってしまっている。
やっぱり「ちらつき除去」はオフにしたい。

結論を書くと、「チラツキの無い映像」と「細部保持された映像」の両立はVue単体では難しい。上記で行った設定以上に高画質な設定でなければ、チラツキは発生するのである。

解決策→Vue単体でなんとかしようと考えない

時間のかかるレンダリングは誰だって嫌だ。何とか時間を短縮したい。
では、となると「チラツキ除去は外部アプリに任せてみよう。」と云う考えが浮かぶ。これ は次回説明します。またまたVirtualDubModのお話です。Avisynthも使ってみます。

 

おまけ

例によって過去アップしていたXvid(Q値=3)を残しておきます。現状のH264-MP4(Q値=21)と比較してみたい方はダウンロードして下さ い。
ファイナルブロードキャストド
1.(D)4X9(E)85(F)OFFド2.(D)9X16(E)85(F)OFF3.設定スペリオール
どうも「ちらつき低減」をオフにしたノイズたっぷりのサンプルだと、Xvidの方が縮みやす いようで、前 回のサンプルでは、ややH264がファイルが小さくなっていたが、今回は逆の結果になっている。
H264には ノイズリダクションのパラメータがあるとか聞くが、まだまだ勉強中&良く解っていないので今回はパスです。

注意

このページでは「詳細設定」のOFFを推奨していますが、「被写界深度効果(Distance Blurring)」については、かなり有効な使い道があります。また別の項にて説明します